コンテンツ

 

近年、大学や専門学校に進学する聴覚障害者(人工内耳装用者を含む)が

増えています。日本では2016年に障害者差別解消法がスタートし、聴覚

障害のある学生を受け入れる大学では一人ひとりのニーズにあわせた

支援(合理的配慮)が提供され始めました。

 

高校生の皆さんは大教室で行われる大学の講義をイメージできますか?

このセミナーでは 高校生の皆さんが、志望学科や入試の難易だけ

ではなく、大学の授業をイメージしたり、快適な 学生生活を送ったり

するうえで欠かせない、色々な支援についてお伝えします。

 

また、入学後の円滑な学生生活を実現するために、聴覚障害者の

先輩(社会人)から体験 談を聞くほか、実際に大学の「授業」を

体験してみましょう。

 

2018年 9月23日(日)18:00~20:00

大阪大学中之島センター 大阪市北区中之島4丁目3-53

参加費:無料 要申し込み

保護者と一緒に参加される方は、お申し込み時にお伝えください

申込先:諏訪 圭子

(大阪大学医学部附属病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 言語聴覚士)

ksuwa アット ent.med.osaka-u.ac.jp

 

プログラム

1. 大学における聴覚障害学生支援の紹介

志磨村早紀 (早稲田大学 障がい学生支援室 コーディネーター)

2. ひろげてみよう!時間と空間

杉中拓央(小田原短期大学 講師)

3. 大学の授業体験  (支援のあり/なしを経験してみよう)

齋藤友介(大東文化大学 教授)

4. 聴覚障害者の先輩たちと語ろう 大学を卒業した

若い社会人の先輩が、皆さんの進学、学生生活、将来の相談に乗ります。

(福祉・金融・IT・特例子会社など)

 

主催:科研費プロジェクト(16K04846)

共催:大阪大学大学院医学系研究科 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

*上記プログラム1~4はパソコン要約筆記による情報支援がつきます。